おもととは....

 

園芸植物としては、江戸時代に盛んになり、

 

その後明治時代中頃に新品種の発見の作出が行われ、

 

現代のおもと趣味の基礎が形づけられました。

 

大正から昭和にかけては千代田系羅紗系の名品が

 

多く生み出され大葉系薄葉系羅紗系などの

 

多彩な葉芸を楽しむ事が出来るようになりました。

 

 


〜おもと【Rohdea Japonica】〜

 

スズラン科の多年草植物で、その原種は九州から山陰地方の低山地に自生しています。原種は葉の長さが30cmを越す大型で、生け花の素材になるグリーン一色のものが多いですが、園芸種として栽培されているものは、それから変化して斑や縞が現れたり、交配により多種多様な葉芸を現した姿になり、鑑賞価値が高められたものです。おもとは日本の風土の中で育てられ楽しまれてきたもので、性質は寒さに強く丈夫です。

 


 

 

 

《大葉おもと》

  

葉の長さがおよそ25cm以上になるもので、美しく雄大なイメージがあります。

覆輪、縞、虎斑、図斑など様々に変化した斑模様を鑑賞して楽しみます。最近では丈夫な品種を庭植え(ガーデニング)として楽しむ人も多いようです。

 

 

  五大州            家宝都の図             大雪山   

 


 

 

《薄葉おもと》

 

葉の長さがおよそ15cm〜25cmになるもので、一文字、縞甲竜、千代田斑、獅子、胡摩斑など多くの系統が含まれ、個性豊かでバラエティに富んでいます。葉芸と葉姿の調和が美しく、優雅で変化に富んだ品種が揃っています。

 

  
千代田の松   四君子   金剛丸

 


 

 

《羅紗おもと》

 

葉の長さがおよそ3cm〜15cmになるもので、多肉植物のように肉厚で、広葉、細葉、丸葉、剣葉などの葉型や、雅糸竜、甲竜、のし竜、玉竜などの葉芸を鑑賞して楽しみます。特に苗の葉(無芸)が2年、3年と成長するにつれて葉肉を増し変化の魅力は、他の植物に類を見ない羅紗おもと特有のものです。

 

  
麒堂天元  吉祥